INFORMATIONお知らせ

  • 2019.05.29社会人の方へ企業の方へお知らせ

    「働き方改革セミナー」を開催します!
    企業における働き方改革の取り組みについて、実践事例や実務の 進め方を交えた講演を行います。 また、講演後は、福井市の職場環境改善に関する支援制度のご案内も行います。                                   記 1 開催日時  令和元年7月19日(金) 14:00~16:30                      (受付開始 13:30) 2 開場    福井市研修センター 研修室101         (福井市文京6丁目8-18) 3 内容    ◎講演「2時間で分かる 働き方改革の実践事例」          ~時間外労働の上限規制、年次有給休暇の義務化、           同一労働・同一賃金の実務~         ◎福井市の職場環境改善に関する支援制度についてのご案内 4 参加費   無料 5 対象    企業経営者及び人事・総務担当者等 6 定員    50名(市内に事業所を有する企業優先、応募多数の場合抽選) 7 申込方法  添付のチラシをご参照いただき、FAXまたはEメールにて         福井市しごと支援課までお申し込みください。 8 申込期限  令和元年7月5日(金)  9 主催/共催 福井市/あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 2019.05.15企業の方へお知らせ

    女性活躍推進に関する説明会開催のご案内
     厚生労働省では、「中小企業のための女性活躍推進事業」の一環として、労働者300人以下の中小企業の皆様を対象とした 女性活躍推進に関する説明会を下記の通り実施します。  市内中小企業の人事労務担当者や経営者の皆様におかれましては、説明会にぜひご参加いただき、各企業における女性活躍推進や、 職場環境整備の取り組みを進めていただきますようお願いいたします。                          記 日時:令和元年6月25日(火) 14:00~16:00(13:30 開場) 会場:福井市地域交流プラザAOSSA 6階研修室603    (福井市手寄1丁目4-1 AOSSA) 対象:中小企業の人事労務担当者や経営者 定員:30名 参加費:無料 応募方法:下記説明会リーフレットに必要事項を記入の上、FAX又はE-mailにて      お申し込みください。      「中小企業のための女性活躍推進サポートサイト」からもお申し込み      いただけます。 内容 ・女性活躍推進法で努力義務となっている自社の女性の活躍に関する状況把握、 課題分析や、一般事業主行動計画策定などへの取組方法の説明 ・グループワークにより、自社の課題や他社の状況についての話し合いや情報交換の実施 他
  • 2019.05.15企業の方へ

    中途採用等支援助成金(UIJターンコース)について
    東京一極集中の是正と地方の中小企業等における人手不足解消を目的に、 東京圏から地方へ移住者を採用するための経費を助成する、 新たな助成金メニューが創設されました。 採用活動に要した募集・採用パンフレット、自社ホームページなどの作成経費や、 就職説明会等の実施経費等について助成を受けることができます。 詳しくは下記の「厚生労働省「中途採用等支援助成金(UIJターンコース)」」をご確認ください。
  • 2019.04.24企業の方へお知らせ

    働き方改革関連法の施行に向けた取引上の配慮について
     平成31年4月1日から「働き方改革関連法」が施行され、 大企業に時間外労働の上限規制が適用されることに伴い、 中小企業等に無理な発注等を行うことが懸念されるため、 厚生労働省及び中小企業庁では、極端な短納期発注等に起因する 下請代金支払遅延等防止法等の違反が疑われる事案については、 指導強化を図っています。  また、働き方改革関連法により改正された労働時間等設定改善法では、 他の事業主との取引において、長時間労働につながる短納期発注や発注内容の 頻繁な変更を行わないよう配慮することが事業主の努力義務となっています。  さらに、社会全体として、長時間労働につながる取引が生じないよう配慮することが必要と なることから、各企業においても、添付の資料等をご確認いただき、短納期発注など 長時間労働につながる取引が生じないようご協力をいただきますようお願いいたします。
  • 2019.04.11企業の方へお知らせ

    福井県眼鏡製造業最低工賃の改正について
    平成31年4月30日から、 福井県内で眼鏡製造業に係るねじ込み、ろう付け、 粗磨きの業務に従事する家内労働者とその委託者に、 福井県眼鏡製造業最低工賃が適用されます。
  • 2019.03.29社会人の方へ企業の方へ

    若年者正規雇用関係の補助金交付について
    福井市若年者キャリアアップ助成金及び若年者正規雇用奨励金につきましては、 平成30年度をもちまして、事業を終了いたします。 なお、両事業につきましては、平成30年度の途中で交付額が予算上限に達したため、新規の申請の受付を終了しております。
  • 2019.03.27企業の方へお知らせ

    中小企業退職金共済等加入促進奨励金のご案内
     福井市では、「中小企業退職金共済制度」又は「特定退職金共済制度」に新たに加入した福井市内の中小企業者に対し、最初の1年間の掛け金を助成しています。 (福井市中小企業退職金共済等加入促進奨励金) (1)交付額について(2019年4月1日交付申請分から) 「中小企業退職金共済制度」又は「特定退職金共済制度」に新規加入(共済契約を締結)から連続した12ヶ月間における掛金納付額の10%  ※算出基礎となる共済掛金の上限は、1人あたり月額5,000円  ※交付額の上限は、1企業あたり10万円  ●奨励金の計算方法  例)掛金月額「3,000円」に1人、「5,000円」に10人、「10,000円」に10人で加入した場合の奨励金交付額   ・掛金3,000円の方    3,000円×12ヶ月×1人×10%=3,600円 となり、「3,600円」が交付されます。   ・掛金5,000円の方の方      5,000円×12ヶ月×10人×10%=60,000円 となり、「60,000円」が交付されます。   ・掛金10,000円の方    掛金10,000円は、上限を超えていますので、上限の5,000円で計算します。    5,000円×12ヶ月×10人×10%=60,000円 となり、「60,000円」が交付されます。   合わせると、3,600円+60,000円+60,000円=123,600円 となりますが、交付額の上限は1企業あたり10万円ですので、10万円が交付額となります。 (2)交付要件 ・奨励金の算出基礎となる従業員は、事務所が新たに共済契約を締結した時に加入した方に限ります。 ・退職等の理由により、掛金月が連続12ヶ月間に満たない従業員は交付対象となりません。 (3)交付対象者 次のいずれにも該当する中小企業者 ①福井市内に主たる事務所又は事業所を有すること ②市税の滞納がないこと ③「中小企業退職金共済制度」又は「特定退職金共済制度」に新規加入(共済契約を締結)し、掛金を連続12ヶ月以上納付したこと
  • 2019.03.26企業の方へお知らせ

    雇用奨励金のご案内
    障害者、ひとり親家庭、被災者等の就職困難な方の継続雇用を支援するため、特定求職者雇用開発助成金(※注1以下特開金という)の対象となる被雇用者を、助成金受給満了後も継続雇用した事業主に対して、一定期間に支払った賃金の一部を支給します。 【(※注1)対象となる特定求職者雇用開発助成金】 (1)特定就職困難者コース(高年齢者を除く) (2)被災者雇用開発コース (3)発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース(難病を除く) 《対象となる事業主》 1~4のすべてに該当する事業主とします。 1.福井市内に住所を有する、次の被雇用者を雇い入れ、特開金の助成対象期間全てにおいて、助成金を受給していること。 ・障害者 ・母子家庭の母等 ・父子家庭の父(児童扶養手当を受給している者) ・東日本大震災被災者 ・ 発達障害者 2.特開金の支給対象期間満了日の翌日から、引き続き1年以上、市内の事業所において被雇用者を雇用継続していること。 3.福井市内に事業所を有していること。 4.市税の滞納がないこと 。 交付内容 交付対象期間(1年間)に支払った賃金の5分の1を支給します。 対象労働者 対象期間 支給限度額 障害者、発達障害者/1年間/204,000円 母子家庭の母等、父子家庭の父、東日本大震災被災者/1年間/144,000円 ※ただし、平成31年4月1日以後に特開金を開始した者かつ短時間労働者については、上記支給限度額の2/3が支給限度額となります。 申請から交付までの流れ 1.受給資格認定の申請(事業所→福井市) <期限> 福井労働局が発行する、特開金の第1期支給決定通知日から2月以内 <提出物> 福井市雇用奨励金受給資格認定申請書(様式第1号) および「特開金の第1期支給決定通知書」の写し 受給資格認定のない交付申請は、奨励金の交付ができませんので、ご注意ください。 2.受給資格の認定(福井市→事業所) 審査結果により、市より「福井市雇用奨励金受給資格認定書(様式第2号)」を送付します。 ※「福井市雇用奨励金受給資格認定書(様式第2号)」 の受領後に、福井市雇用奨励金受給資格認定申請書(様式第1号)の記載事項に変更が生じたときは、すみやかに以下の書類をご提出ください。 ・福井市雇用奨励金受給資格認定変更届出書(様式第3号) ・変更内容が確認できる書類 3.交付申請(事業所→福井市) <期限> 雇用奨励金交付対象期間満了日の翌日から1ヶ月以内 ※交付申請期間前(特開金の支給対象期間満了後、1年経過の頃)に、市から雇用奨励金の案内をします。 <提出物> 福井市雇用奨励金交付申請書 (様式第4号)および下記の添付書類 (※申請書の書き方をご一読の上、記入してください。)   ・特開金の支給決定通知書の写し(最終支給期のもの) ・対象期間の出勤簿またはタイムカード ・対象期間に支払った賃金明細書または賃金台帳の写し ・事業所の納税証明書( 市税の滞納がないことの証明)  ・対象労働者の住民票 ※場合によっては、上記の他にも必要な書類を提出いただくことがあります。                                                             4.交付決定及び額の確定(事業所←福井市) 申請の内容の審査結果により、「福井市雇用奨励金交付決定兼額の確定通知書」(様式第5号)を送付します。 5.交付請求(事業所→福井市 ) <期限> 「福井市雇用奨励金交付決定兼額の確定通知書」(様式第5号)の受領後すみやかに <提出物> 福井市雇用奨励金交付請求書(様式第6号) (※請求書の書き方をご一読の上、記入してください。) 6.奨励金の支払(事業所←福井市 ) 請求後に、指定口座へ振り込みます。
  • 2019.03.26企業の方へお知らせ

    U・Iターン就職者正規雇用促進奨励金のご案内
    U・Iターン者が安心して働き続けられる雇用環境とするため、U・Iターン者を正規雇用した市内中小企業者等を支援する事業です。 《交付対象となる事業主》 次のすべてに該当する事業主とします  (1) 市内に事業所又は営業所を有する雇用保険適用事業所であること(ただし、中小企業の範囲を超える大企業を除く)  (2) 市税の滞納がないこと  (3) 次のすべてに該当する対象労働者を平成31年4月1日以降に正規雇用し、6月以上継続して雇用していること(ただし、役員は除く) ≪対象労働者≫ 次のすべてに該当するU・Iターン者とします   (ア) 福井市への転入直前に、県外に1年以上住所を有し、かつ、正規雇用日前3か月以内に市内へ転入後、転出していない者   (イ) 転入が配置転換又は出向によるものでない者   (ウ) 正規雇用時に20歳以上50歳未満である者   (エ) 正規雇用時に新規学卒者でない者   (オ) 福井市内で勤務している者 交付額(対象労働者1人あたり)50,000円 ※ただし、1企業につき1会計年度当たり2人までとします。 正規雇用者の要件 次のすべてに該当する方とします  (1) 事業主に直接雇用される方  (2) 雇用期間の定めのない方  (3) 1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者と同程度である労働契約を締結し雇用される方  (4) 雇用保険の一般被保険者(1週間の所定労働時間が30時間未満の者を除く)  (5) その事業所において正社員として位置づけられている方 申請手続き(流れ) 1.受給資格認定申請(事業者→福井市) <申請期限>  対象労働者の正規雇用の日から2か月以内 <提出書類>  「福井市U・Iターン就職者正規雇用促進奨励金受給資格申請書」(様式第1号) <添付書類>  (1) 雇用保険被保険者資格取得等確認通知書の写し  (2) 労働条件通知書又は雇用契約書の写し  (3) 対象事業主が法人の場合は登記事項証明書、個人事業主の場合は事業主の住民票抄本など事業所所在地が確認できる書類および事業内容が確認できる書類(写し可) 2.受給資格の認定(福井市→事業者) 認定申請の内容が正当と認められたときは、「福井市U・Iターン就職者正規雇用促進奨励金受給資格認定書 」(様式第2号)により通知します。 3.受給資格の変更(事業者→福井市) ※受給資格申請の内容に変更が生じた場合の届出。(変更がない場合は4.交付申請へ) <申請期限>  変更事項が生じてから速やかに(交付申請前までに) <提出書類>  「福井市U・Iターン就職者正規雇用促進奨励金受給資格変更届出書 」(様式第3号) <添付書類>  (1) 受給資格認定書(様式第2号)の写し  (2) 変更が確認できる書類の写し 4.交付申請(事業者→福井市) <申請期限>  対象労働者の正規雇用の日から起算して6月を経過した日から2月以内 <提出書類>  「福井市U・Iターン就職者正規雇用促進奨励金交付申請書 」(様式第4号) <添付書類>  ◆企業に関するもの   (1) 受給資格認定書(様式第2号)の写し   (2) 市税の滞納がないことを証明する納税証明書  ◆対象労働者に関するもの   (1) 賃金台帳等の写し(正規雇用日から6か月分)   (2) 出勤簿又はタイムカードの写し(正規雇用日から6か月分)   (3) 住民票の写し (正規雇用日から6か月以降に発行された住民票) 5.交付決定及び額の確定(福井市→事業者) 交付申請の内容が正当と認められたときは、「福井市U・Iターン就職者正規雇用促進奨励金交付決定兼額の確定通知書」(様式第5号)により通知します。 6.交付請求(事業者 →福井市) <請求期限>  交付決定兼額の確定通知(様式第5号)を受けた後(当該年度内に限る。) <提出書類>  「福井市U・Iターン就職者正規雇用促進奨励金交付請求書 」(様式第6号) 7.奨励金の交付(福井市→事業所) 交付請求後に交付します。
  • 2019.03.20社会人の方へ企業の方へ

    働き方改革取組等推進企業応援奨励金のご案内
    個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方に対応し、従業員の方々が働き続けられるよう職場環境の改善に 積極的に取り組む市内中小企業に対して、奨励金を交付します。 【対象事業主】  ① 福井市内に事業所又は営業所を有すること  ② 中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者であること  ③ 市税の滞納がない事業主であること 【対象事業】 1 長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現 (実施期限※:①及び②は2019年9月30日 ③及び④は2020年3月31日)  ◎具体的な取組内容としては次のとおり  ①時間外労働の上限規制の導入に係る就業規則等の改定及び36協定の締結  ②月60時間を超える時間外労働の割増賃金率引き上げに係る就業規則等の改定  ③勤務間インターバル制度の制定又は制度拡充に係る就業規則等の改定  ④フレックスタイム制の制定又は制度拡充に伴う就業規則等の改定及び労使協定の締結  ※本事業における実施期限とは、事業に取り組んだ後、実績報告書を提出した日を指す。 2 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保 (実施期限:2020年3月31日)  ◎具体的な取組内容としては次のとおり  ①パートタイム労働者及び有期雇用労働者について、均衡待遇規程の明確化に伴う就業規則   等の改正  ②有期雇用労働者について、正規雇用労働者との均等待遇の確保に伴う就業規則等の改正  ③派遣労働者について、派遣先の労働者との均等・均衡待遇又は一定の要件を満たす   労使協定による待遇のいずれかの確保に伴う就業規則等の改正 【交付要件】 上記対象事業のうち、全ての要件を満たすこと。  ①働き方改革関連法に規定される取り組みのうち、上記「対象事業」に規定する取組みであること。  ②事業に取組み、実施期限までに実績報告書を提出していること。  ③働き方改革関連法に規定する内容と同等以上の就業規則の改定等であること。 【交付額】 1事業当たり5万円 【申請手続き】 1.補助金交付申請の提出  事業所→市しごと支援課 < 時期 >  対象事業の開始前にご提出ください   ※対象事業開始前とは事業を行う決定の前段階(申込前・契約前)のこと <提出書類> 「奨励金交付申請書(様式第1号)」及び下記添付書類  ①事業計画書  ②法人登記事項証明書(※個人事業主の場合は、事業主の住民票抄本など事業所所在地が   確認できる書類および事業内容が確認できる書類)  ③事業主に市税の滞納がないことを証明する納税証明書 2.交付決定通知  市しごと支援課 →事業所 1の申請の審査結果により、補助金交付決定額を通知します 3.変更承認申請の提出  事業所→市しごと支援課 < 時期 >  対象事業の内容又は経費の変更をするとき <提出書類> 「事業変更承認申請書(様式第3号)」及び 変更後の事業実績書 4.変更承認決定通知  市しごと支援課→事業所 3の申請の審査結果により、事業変更承認決定額を通知します 5.実績報告書の提出  事業所→市しごと支援課 < 時期 >  対象事業の終了後、すみやかにご提出ください <提出書類> 「事業実績報告書(様式第5号)」及び下記添付書類 ①事業実績書 ②事業の実施内容及び完了年月日が確認できる資料 (例:改正前後の就業規則(労働基準監督署の受付印が押印されたもの)等) ③事業の取組み実績が確認できる資料(勤務間インターバル制度利用者の勤怠管理表等) 6.補助金額の確定通知  市しごと支援課→事業所 5の報告の審査結果により、確定額を通知します 7.請求書の提出及び補助金の支払い  事業所→市しごと支援課 奨励金交付請求書(様式7)を市に提出後、奨励金を振り込みます。 ※各事業の詳細な内容については、添付のリーフレットもご参照ください。
(C)福井市商工労働部しごと支援課