INFORMATIONお知らせ

掲載日:2020年12月08日 社会人の方へ企業の方へ

正社員と非正規社員の間で不合理な待遇差を設けることが禁止されます。

令和3年4月1日から、パートタイム・有期雇用労働法が中小企業へも適用され、正社員と非正規社員の間で不合理な待遇差を設けることが禁止されます。また、パートタイム労働者・有期雇用労働者は、正社員との間の待遇差について事業主に説明を求めることができます。

☆パートタイム・有期雇用労働法のポイント
(中小企業:令和3年4月1日、大企業:令和2年4月1日に施行)
・不合理な待遇差の禁止
同一企業内において、正規雇用労働者とパートタイム・有期雇用労働者との間で基本給や賞与などのあらゆる待遇について、不合理な待遇差を設けることが禁止されます。
能力や経験に応じて基本給や賞与などを支給する場合は、それらが同一であれば同一の支給、一定の違いがあった場合にはその違いに応じた支給が求められています。
パートタイム・有期雇用労働者を雇用している事業者は、厚生労働省のホームページにある「パートタイム・有期雇用労働法対応のための取扱手順書」を使って、個別具体的に会社の状況を点検してみましょう。

 ☆福井労働局特別相談窓口のご案内
  福井労働局では、特別相談窓口を開設しておりますので、ご不明の場合はお気軽にお尋ねください。パートタイム・有期雇用労働者の方からの相談にも対応しています。
  「パートタイム・有期雇用労働者特別相談窓口」 TEL:0776-22-3947
  (平日8:30~17:00)

 ●厚生労働省ホームページ
  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/AA10K-0000144972.html

【お問合せ先】
福井労働局雇用環境・均等室 TEL:0776-22-3947

(C)福井市商工労働部しごと支援課